関わってない時の動き

多くの球技をみているとそこそこテクニックがあって、

一生懸命でいいけど、なんか惜しいな~というプレーがあります。

ボールが来たときだけ一生懸命なんですね。

そしていいタイミングでチャンスが巡って来ないのです。

ボールを持った時にうまいな~って唸らせるプレーもいいんですけど

ボールを持っていない時の動きも大切なんですよね。

ボールを持っていない時の動きがいいからチャンスが巡ってくる。

そして、そこで決める技術もある。

うまい人ってそうですよね。

「自分が関わっていない時にどんな動きをしているか」ですね。

 

仕事も同じで、与えられた仕事に一生懸命なのもいいんですが

いっけん仕事が無いような時にどんな動きをしているかが

チャンスが来るかどうかを左右し、

そして仕事が来たときの出来を左右するのだと思います。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

左から右

日曜日、ある集まりの場で畳に座ったのですが

その際、左の太ももに違和感を感じたのです。

なんか変だな~と思いながら

あぐらをかいて座ったのですが、

しばらくしたら

右の太もも、内転筋に「ぴくっ」ときまして

つ、つった~

どうにか伸ばそうと立ち上がる私。

みんな座っている場でいきな立ち上がったものだから、

両隣の方に「どうしたんですか」と聞かれましたが

いや~恥ずかしい。

42歳、まもなく43歳。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

些細なことに気付く

ここのところレタスの話題が多いです。

今朝もレタスを見てきましたが

葉に泥がついているような・・・?

雨が降っていたから土が跳ねたのかな?

そういえば昨日から葉にすっごく小さい穴があるような・・・?

と思って葉をよ~くみていると

あぁいたいた。芋虫がいた。

やっぱり毎日見て「あれっ?」「ん?」

と気づくことが大切ですね。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

主訴ではない

多くの方は「歯が痛い」とか「歯茎から血が出る」とか

「歯が欠けた」とか「何かできものが出来たのでみて欲しい」

「歯石をとって欲しい」

といった「主訴」・・・気になっていることがあって来院されます。

こういった「主訴」になる部分は、患者さんが気になっていることなので

治療に比較的移りやすいのですが

もともと主訴ではないもの、病気があるけれども

本人は自覚していない。というものがよくあります。

この「気になっていない」ものは

このまま放置すると後で

困ったことになり、その時を迎えてからでは

できることも限られてくるのです。

そうなる前に治療を開始しておいたほうが、有利であるということ。

それを説明し理解していただき治療へと進むことが

ムズカシイわけであります。

 

そしてその主訴ではないことが

今気になっていることの原因になっていることもあるわけで

それも理解していただくのがムズカシイことがあるわけであります。

治療すると治療後の痛みがでることもありますし、

治療することによって起こり得るリスクもありますしね。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

人の波

先日東京に行ったときですが、

ちょうど朝の出勤時間、横断歩道渡ろうとして

ギョッとしてしまいました。

信号が青になった瞬間

まるで人の波というか壁というかがこっちに向かってくるような様が

自分には恐ろしかったのです(笑)

いや、

いやいや、マジで。

田舎者ですからね。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

Help

先月スタッフが産休に入ったのもありますが、う~ん。

人の手が足りない。

猫の手も借りたいくらいだけど、猫じゃな~。

笹生歯科医院では歯科衛生士を募集しております。

勤務形態は常勤とパート。

パートは勤務曜日や・勤務時間帯は柔軟に対応したいと思います。

年齢・経験不問。一般歯科補助・予防・メンテナンスです。

歯科助手・受付も募集しております。

医院の基本理念「この歯科医院に来てよかった。この歯科医院ならお任せできる」

と思っていただける歯科医院にするために前向きに一緒に取り組んでいただける方

 探しております。

 どなたか手伝って~。

   山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

葉と歯

レタスを植えてからというもの欠かさずその生育を見ていますが、

この日月の連休中は見ていなかったので心配だったのです。

ちょっとほったらかしにすると、どこからやって来たのか

芋虫がもぞもぞ。ちょっと目を離すと虫がついていんですよね~。

意外とデカイやつがいることもありギョッとします。

手入れを欠かすと葉が一晩でなくなってしまうのを

以前目の当たりにしましたので、収穫の時まで目が離せません。

生育の期間は違いますが、まるで口腔の発育をみているのと同じですね。

ほったらかしにすると歯がむし歯になって、状況によっては失うことになります。

そうならないように口腔が理想的な成長を遂げるまで、

その発育を見守り、管理し誘導する。

   やはり手入れを欠かすと成熟する前に無くなってしまうのです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。