城好き

先日、城が好きだという女子にお会いしまして

城の入り口の門の写真を「ホラホラッ」と見せていただきましたが

自分はそんなに興味を持てず、

リアクションがいまいちだったかと思います。

ごめんなさい。

いや、各地域に行けば、城に行ってみるか~

ぐらいの興味はそれなりにあるんですが。

なんて綴っていたら、ちょっと城巡りしてみようかな

なんて気持ちが沸いてきたかも。

とりあえず、一番近い上杉公園にいってみようか・・・

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

どこが元?

アイスホッケーを毎日のようにしていた学生時代。

どんなに食べても体重は68キロでした。

社会人になって75キロになりました。

3年前?4年前?

学生時代の体重に戻したくて頑張ったら65キロ前後になりました。

がしかし、この正月で体重が結構増えました。

元に戻さなくては・・・

はて?元っていったいどこが元なのか。

68キロが元なのか、

75キロが元なのか・・・

75に戻ろうとしているのを無理に65にしているのか?

なら、無理のない体重でいいのでは・・・?

とわけのわからない疑問を持ちながらも

とりあえず、正月前の状態に戻りました。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

これまた難しい

先日、1歳8ヵ月健診にいってきました。

いつも思うのですが、

健診はあくまで健診。

口腔内は一見きれいにみえても、実際には歯垢が付着し

きちんと見えていません。

ですので、歯科医院できれいにし、その結果最終診断とするべきなのです。

また、口腔内は見えても、

患者さんの生活はみえません。

口腔内にでてくるトラブルの原因1つは生活にある。

ですが、歯科ではなかなかそこをみることはできない。

難しい問題です。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

 

綻び

わずかな綻びを放っておくと

あとでそれが積み重なって

綻びではすまないことってあると思います。

口腔内のトラブルも初めはほんのささいな綻び

気にならないようなものだったかもしれませんが

その気にならないからが積み重なって

口腔内の崩壊につながっているのです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

好奇心

久しぶりにボードやってみようかなぁ・・・

もともとそんなうまくなかったけど。

いまどんだけできるんだろうな。

そういう好奇心があるうちにやんないとな。

でも怪我が怖いんだよな~。

そうリスクを考えちゃうのも年とったってことなんでしょうね。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

ホッとした

産休・育休で休んでいたスタッフが戻って来てくれました。

耐えに耐えていましたけど、

ホッとした・・・のはスタッフだけではなく、自分もそう。

そう、まるで4ファウルでベンチに下がっていた魚住が

残りわずかのところでコートに戻ってきてくれて

仙道がホッとした・・・みたいな感じ。

精神的支柱。チームの柱。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

 

 

身体は一つ

身体が二つあれば

もっといろいろ出来るのに・・・

と思うことも昔はありましたが、

今の自分は身体が二つあったら、

俺が休むからおまえが行けよ!ってなりそう。

やっぱり身体が一つだからこそ、いいんだろうな・・・と思います。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

 

元に戻らない

そうそう、体重が増加する・・・

悪い方に転がるのは簡単なんです。

あっという間です。

自分にとってのベストを維持するには

常に頑張る必要がある。(私にとってはね)

いや、頑張るってほどでもないけど・・・

ちょっと注意しとけばいいことなんだけどね。

てか、正月あけの体重増加が元に戻らねぇぞ~。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。