そして消滅・・・

「消滅可能性都市」

人口流出・少子化が進み、存続できなくなるおそれがある自治体を指すそうで、

定義は「2010年から2040年にかけて、20 ~39歳の若年女性人口が 5 割以下に減少

する市区町村」なんだとか。子どもの大半をこの年代の女性が産んでおり、

次の世代の人口を左右するからだそうですが

今、2018年。

超高齢者社会。

増えない人口。

増える高齢者。

減少する若い労働力。

これからいったいどうやって・・・?

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。