兆候

問診で糖尿病だというの方の口腔内をみると

歯肉や歯に共通した傾向が見られます。

歯面には大量の歯垢が付着し、

歯肉は腫れ、出血しやすいのです。

 

また問診で特に病歴の記載がない方で

口腔内所見から、糖尿病を疑うことがあります。

 

そういった中で歯科治療を進めていく際、通院が途絶え時が過ぎ

暫くぶりに来院されると、脳血管系や循環器系の疾患で

入院されていたと伺うことが多いです。

それと同時に糖尿病だったとご本人が初めて気がつくようです。

兆候は口腔内に現れているのだと思います。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。