着せ替えの服

口腔機能を理想的に獲得した状態を「10」と表すとします。

実際に獲得出来たのは「9」や「8」あるいは「7」と個人に差があります。

これを日常生活を送りながらどう維持管理していくかが問題です。

生活習慣の影響を受けながら年齢を重ね口腔内は変化していきます。

口腔機能を「10」獲得したとして、

口腔機能は「10」から「9」へと少しずつ低下はしていくと思います。

 

口腔内は特殊で、「10」から「6」に機能が低下したものを治療することで

「10」まで完全に回復することはありません。

ごくごく初期なら10に近い値に近づけることはありますが。

口腔内の状態によっては、治療しても「7」程度までの機能回復の時もあれぱ、

治療しているのに「6」のまま。あるいは「5」に低下することもあります。

治療したら治るというのはちょっと違うのです。

いかに「10」を獲得し、維持していくかが重要です。

 

 

古くなってきたから新しい服を着用する。

飽きたからオシャレな服に身を包む。

そんな着せ替えの服のようにはいかないのです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

どんだけ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。