歯科医院へ通院するということ

いざ、歯科医院に通院するとなると

自身の生活リズムの中に歯科に通院し、治療する時間を作る必要があります。

しかも、歯科はなかなか一度で終わらないし、

気になったことがあったけど、もうなんともない。

学校や仕事、生活リズムを変えてまで

積極的に通院する気にはなれない、そんな感じかと思います。

ですが、歯科疾患、いわゆるむし歯となると自然治癒はありません。

むし歯が増え、歯肉も腫れ、歯が動き、

咬み合せが大きく変化し、どうにもこうにもならなくなってからでは

より治療回数や期間がかかります。

日々、自身でキレイにしつつ、違和感がなくても口腔のチェックを受けるか。

違和感があるな・・・・と感じ始めていても時間を作らず

ある日、痛みが激しくなり、これではまずい・・・と行動を起こすのか。

どの段階で行動を起こすかが 鍵となるのかと思います。

 

早めに受診し、問題を見つけ、問題ないのなら定期チェックで終了。

問題があるのなら、それを認識し治療を開始。

口腔内の問題は複雑ですが、現段階での口腔内を再建できたら、

繰り返さないように安定した状態を維持するために行動する。

まずは歯科に通うという行動変容が重要な要素の一つなのだと思います。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。