抱えている

一見するときれいに見える口腔内。

実際には歯垢が付着していて

きれいではないことが多いです。

検診で「むし歯なし」とされていても

歯科受診して実際にきれいにすると

見えていなかったものが見えてくることがよくあります。

 

それと、日常的に歯垢が付着している口腔内の衛生状態だと

年齢を重ねてから一気に問題が吹き出してきます。

実は年齢が低い段階から問題を抱えているということです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

未来から見たら

難易度の高い抜歯や顎骨に及ぶ手術になると

全身麻酔のもと行うこともあるわけですが、

現代の歯科医療では主に局所麻酔を行って有意識下で行っています。

簡単に思われている節もあるむし歯の治療ですが、

やれてはいるけれども、

口を開けて、有意識下で行う治療って難易度も高いし、

そもそも不快だよな・・・と思うわけです。

 

 

未来の歯科治療はどう変わっていくのかな。

医療が進んだ未来の人間が見たら

有意識下でそんなことするなんて

なんて野蛮な治療法だったのだろうと思うのでしょうか。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

個か組織か

医院を受診する方にあれこれお伝えしても

なかなか口腔内を分かって頂くのは難しい。

歯科医師個人があれこれ言ってもダメなのか・・・難しい面がある。

 

もっと大きな視点で歯科活動したほうが

効果的な面もある。

だと、生活に影響を与えるよう力ないとダメなんだなぁ。

行政とか。

 

個の力で出来ることと出来ないこと。

組織の力で出来ることと出来ないこと。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

何かとは

生活環境と個人の要因があって

生活環境は

地域環境や仕事環境や教育環境といったもの

個人の要因は

歯の質 唾液の性質 獲得した骨格と歯列と咬合力 口呼吸

不規則な生活 食生活 口腔内の衛生状態 喫煙の有無などなど

それらがあって歯に結果が現れる。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

 

どこが問題か

何か

むし歯や歯周病の治療は必要な治療ではありますが

それでは削って埋める。

削ってかぶせる。

動いてきたから抜く。

の繰り返しになってしまします。

何かがおかしいから

口腔内に問題が出るのであって

その何かから見直さなければならないのです。

とは言え、その何かは複雑に絡み合っており

非常に難しい問題です。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

変わっていく

口腔内は生まれてすぐの歯のない時期から乳歯列へ

乳歯列から永久歯列へと変化しながら口腔機能を獲得し、

その後も生涯ずっと変化し続けていきます。

「どのような永久歯列を獲得するか?」がポイントの一つです。

獲得した永久歯列は

日々の生活により様々な影響を受けながら

加齢による変化を起こしていきます。

そこには病気による変化も加わってきます。

日々変化していくのです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。