経過良好

寝ている時にふと身体を伸ばしたら「ビキッ」と首を寝違えたり

起床して顔を洗おうと屈んだだけで電気が走ったように痛んだり

首から背中まで急に重苦しくなる。

診療はなんとかしているけど、もう頭が重くてなかなか辛い・・・

筋肉というか、神経というか、こりゃもうただのコリじゃない。

度重なるそんな首の痛みに耐えられず整形を受診した2018年の冬。

あれから2年半ほど過ぎましたが、お陰様で、以前のような症状はなく

日々のストレッチと姿勢の改善を意識することで、経過良好。

無理な姿勢で頑張り続けると早い段階で困る時が来る。

人生を生きていく上で姿勢って大事。

ましてや自分のような仕事だとさらに大事。

 

アライメント

歯列のことを「Teeth alignment」(ティース アライメント)といいますが

歯並びも無理がある並びで頑張れないことはないのですが

早い段階で困るときがやってくる。

歯の並びもいいほうが長期的に良好な状態を保ちやすいのです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

口腔内はきれいに

スーパーコンピューターによる解析で

飛沫がどんな風に飛ぶのかテレビでみる機会が増えました。

社会生活を行う上で人間はコミュニケーションを必要とするわけで

会話したり食事すればそれはそれは色々と舞うわけです。

さすがに比較的大きい塊は飛びにくいでしょうが・・・

 

こういった世の中になって改めて思いますが

口腔内に食物残渣が長期にそのままであったり、歯垢が多く蓄積していたりしていて

それでそのまま会話し食事している例もあるのかと思うと、

う~ん、

やっぱり口腔内はきれいにしておいた方がいいに決まっていると思うのです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

 

 

食物残渣とは・・・食物の形状がやや残ったような物。うがいで落ちるくらいの物。

歯垢(プラーク)とは・・・歯の溝や歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間にくっついている、白くネバネバした塊。水に溶けにくく、歯にくっつきやすく、うがいでは簡単に落ちず、ハブラシ等でしっかり磨かなければ、落とすことが出来ない物。

見えないところ

人間、隠れて見えていないところは

自分の理想のようになっていると思い込むというか、

自分の都合のいいように補正するんですよね。

マスクをした男女の顔・・・自分の都合のいいように、理想のように見えませんか?

 

そうそう、夫婦もそう。価値観が似ている、近い、同じだと思って

パートナーとなる道へと歩みだすのだと思いますが

共に生活をするようになると今まで見えていたところ以外に

隠れて見えていなかった部分が見えてくるわけです。

この見えていなかった部分は

「きっとこうだろう」「きっとああでしょう」と

それぞれ自分の理想を互いに勝手に思い描いているのだと思います。

しかし現実にはそうではないことが多い。たぶん。え?違いますか?

何を言いたいかというと、

見えていない部分が大事だってことです。

口腔内も見えているところばかりを気にするのではなく、

見えていないところに気を配ることが大切です。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

歯科医師が思う

歯科医師として理想的と考える口腔内・顔貌があります。

12歳から13歳ごろ、第二大臼歯が生えてきた時点を一つの目安として、

 

歯がきれいに並び、歯列は楕円形を描く。

第一大臼歯と犬歯、中切歯の位置関係がよく、咬み合わせがしっかりしている。

歯の表面には歯垢の付着がなく、歯肉は引き締まりきれいなピンク色。

鼻呼吸が得られ、口唇がリラックスして閉じられている。

舌はリラックスした状態で口蓋(上あご)にペタッとついている。

口の周囲の筋肉の緊張が強すぎず、弱すぎず、ちょうどいい柔らさ。

顔貌は面長でもなく、小顔すぎず、骨格的にほっそり、がっちりしすぎない顔立ち。

他に何があるだろう。

 

骨格的にはここからさらに発育が進みますね。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 kazuyoshiでした。

理工

学生の頃、歯学部なのになぜ理工学を学ばなければいけないのか

深く理解していませんでした。

つまりこういうことです。

 

歯を補うものは人工物。

異物を合着、接着させるなら物性が近いほうが安定しやすい。

そういうことです。

口腔内は唾液にさらされていますし、飲食による温度変化があります。

歯は膨張収縮するわけです。

また歯は咬合力を受けるため歪が生じます。

 

そういうのを知るための基礎ですね。

今の学生さんはどういうことを学んでいるのでしょうか。

20年も違えば、ずいぶんと違っていそうです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

なんとなく

今月初めに、例年より2ヵ月遅れて学校の歯科健診を行いました。

なんとな~くですが、

例年より歯牙にくっついている歯垢が多く

歯肉の腫れも目立っていたような気がしますし、

むし歯も多かったように思います。

 

生活習慣は身体に現れます。

口腔内の病気は、症状が出るにはかなりの時間差で現れますから心配ですね。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 kazuyoshiでした。

まだまだ浅い

随分と経験を得てきたなぁ~と思っても、

まだまだその本質の入り口にやっと立ったばかりなのだと

気がつくことがあります。

まだまだ浅い。

まだ見ぬ領域がありすぎる。

 

知らないから恐い。

知らないから恐くない。

知り始めたら恐い。

ちゃんと知っていれば恐くない。

 

知らないから面白さがわからない。

知り始めたら面白くなる。

知りすぎて面白くなくなる。でも面白い。

 

知れば知るほど、深く、つながり、広がっていく。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 kazuyoshiでした。

事実

年齢を言った時に「若いね」と言われると嬉しいような悲しいような。

そんな気持、なんとなく分かるようになりました。

体内年齢が29歳と表示されようとも今年45歳になるのは事実です。

 

自分が20代の時に40歳以上の患者さんを治療していた時と

45歳になろうとする自分が40歳以上の方を治療する今とでは

治療に対する考え方がずいぶんと変わったように思います。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 kazuyoshiでした。