一因

歯科医師になってしばらくしてからですが、

咬合の重要性を感じたため自分自身も歯列矯正をしてもらいました。

歯並びという見た目だけの問題だけではなく

          咬み合わせは短期的にも長期的にみても重要で

口腔機能を左右する一因だからです。

むし歯でなくてもかみ合せの影響で

歯は痛くもなりますし、歯茎の病気も増悪するからです。

ただ、矯正治療にも限界はあるんだな・・・と思っています。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

 

ドライソケットになった

自分は右上の親知らずを抜いてもらった後に

ドライソケットになってしまいましたが

1週間前後で落ち着きましたね。

通常は抜歯したあと、経過が良好であればそれほど痛みもなく、

多少個人差はありますが痛み止めを飲む必要がないこともあります。

ただ、抜歯後数日後に、痛みが出てくる場合があります。

原因の一つにドライソケットがあります。

抜歯したところは血の塊でふさがれ、外からの刺激を遮断するのですが、

出血が少なかったり、あるいは出血を気にしてうがいしすぎて

血の塊がはがれたりすると、うまく血の塊で傷口がふさがれず

骨が露出した状態になってしまいます。

骨が露出した状態なわけですから、痛いわけです。

あの時は痛かったな~。

だいたい、一週間くらいでよくなっていきます。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

歯科医の治療歴

歯科医師も歯科治療を受けることはあります。

自分が歯科医師になってから受けた治療は

確か左上親知らずを同僚に抜いてもらったんだったと思います。

あと、右上の親知らずは当時の勤務していたとこの

O院長に抜いてもらったんですね。

そしたら、そこがドライソケットになって痛みが続いたのを覚えています。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。