ん~

今朝の空はこんな感じ。

 

最近思うのは歯科医師は増えていても

歯科医療を支える歯科医療従事者・歯科衛生士がそれ以上に増えないと

歯科医療はダメなんだな~ってこと。

高齢者が増えていく一方で、それを支える若者が少ない日本ですから

どこも人が不足していますが、

予防を必要としている患者さんが多いのに

それをケアする歯科衛生士が少ない。これは致命的。

ただ増やせばいいってわけでもないですけど。

 

それと歯科医療は細かい手技の連続で、

人間相手ですから非常に気をつかいます。

これがなかなか精神的、肉体的に疲れる。

私自身、若い時とは違う疲れを最近感じます。

やはり若い力が必要なんだな~。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

予約制です

笹生歯科医院は完全予約制とさせて頂いております。

予約優先ですので、すでに予約で埋まっている場合

予約外での来院は診察・治療に入るまでお待たせすることがあります。

当日に電話いただいた場合もすでに予約の方で埋まっている場合には

ご希望の時間にご案内することが難しく、

当日の治療を希望される場合は来院していただき

キャンセル・変更を待っていただくことがあります。

もし先に予約をとられている方のキャンセルや変更などがあった場合には

比較的早くご案内できる場合もあります。

 

予約をお取りしている方にもお願いですが、極端に予約時間に遅れますと

予約外の方を先にご案内することがあり、待っていただくことがありますので

お気をつけ願います。

キャンセル・変更の場合は早めに連絡をいただけますと

予約外来院の方の待ち時間を少なく出来ますのでよろしくお願いします。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

最高の安定を

歯科衛生士の仕事に変化がなくてつまらない。

毎回同じでつまらないって感じる方もおられるようです。

たしかに毎回似たようなことですがそうでもありませんし、

「わずかな変化に気が付けるかどうか」がとても大事な仕事だと思います。

また毎回似たようなことの繰り返しであっても

その度に最高の質を求められていて

それを安定して供給することを求められているのです。

なにより患者さんからしたら

毎回変化にとんでいたら不安。

毎回同じで、毎回安定して質が高い。だから安心出来るのです。

常に新しいことを学びつつ

安定した医療を提供する。

そんな風に地域貢献する仕事なのです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

見たい知りたい

歯科医院でのスタッフ採用に面接を行っていますが、

これがわからないんですよね。

面接では、受け答えはいい。印象もまずますです。

でも見たいのはそういうところじゃないんですよね。

実際の仕事で、うまくいかない時にどう頑張るのかを見たいし知りたいのです。

上手くいかないときに言い訳して頑張らない・・・

そうじゃなくて

上手くいかないときにこそ頑張る。

ミスしたときに報告しない・・・

そうじゃなくて

ミスした時にこそちゃんと報告するとかね。

面接ではそういうのがなかなか見えない。

 

患者さんのためにして欲しいこと。

自分自身の成長のためにしてほしいこと。

医院のためにして欲しいことがあります。

まだまだ改善の余地があるのに

伸びる要素がたくさんあるのに

アドバイスしたのにキレられても困るのです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

口腔内から見える

問診票に特に既往・現病歴の記載はない方・されない方もおられますが

口腔内をみると歯科の問題だけでなく

なにか内科的問題を抱えているのではないだろうか?

と強く感じるときがあります。

ご本人はとくに何もないとおっしゃるのですけどね。

しかし口腔内をみるとなにか問題があると思える時が多々あるのです。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

予約制ですが

笹生歯科医院は予約制ですが、お約束の時間に来院されず、遅れた場合

他の方の予約状況、治療内容によっては

十分な治療時間がとれず、

予定していた治療が行えないことがあります。

当日の診察の順番が変わったり、

長時間待つことになったり、

別の日にして頂くことがあります。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

予約制です。

笹生歯科医院は予約制です。

お約束外で来院された場合、すでに予約で治療時間が埋まっていると

待ち時間がでます。

お電話頂いても、予約で埋まっている場合は

希望の時間にお時間が取れないことも有ります。

どうしてもというときは、来院していただき

キャンセルが出るのを待っていただくこともあります。

十分な治療時間がとれず、別な日に予約を取っていただくこともあります。

ご理解のほどよろしくお願いします。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

冗談

歯科医師の性格によることもあると思いますが

診療中に冗談を言って笑いを誘う歯科医師もおられると思います。

自分の場合は診療中に冗談はまず言わないですね。

いや、プライベートはそれなりに冗談も言いますし、笑いますよ。

仕事中は真面目です。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。

主訴ではない

多くの方は「歯が痛い」とか「歯茎から血が出る」とか

「歯が欠けた」とか「何かできものが出来たのでみて欲しい」

「歯石をとって欲しい」

といった「主訴」・・・気になっていることがあって来院されます。

こういった「主訴」になる部分は、患者さんが気になっていることなので

治療に比較的移りやすいのですが

もともと主訴ではないもの、病気があるけれども

本人は自覚していない。というものがよくあります。

この「気になっていない」ものは

このまま放置すると後で

困ったことになり、その時を迎えてからでは

できることも限られてくるのです。

そうなる前に治療を開始しておいたほうが、有利であるということ。

それを説明し理解していただき治療へと進むことが

ムズカシイわけであります。

 

そしてその主訴ではないことが

今気になっていることの原因になっていることもあるわけで

それも理解していただくのがムズカシイことがあるわけであります。

治療すると治療後の痛みがでることもありますし、

治療することによって起こり得るリスクもありますしね。

山形県 米沢市 笹生歯科医院 院長 Kazuyoshiでした。